学生たちのリメイクによる”一点モノ”の服が誕生。大阪モード学園・アダストリア・スマセル3者の産学連携による販売スタート。

■概要

株式会社ウィファブリック(本社:大阪府大阪市西区、代表:福屋 剛)は、ファッション業界の将来を担う学生にファッションの廃棄ロス課題と向き合い、リアルな社会体験が出来る場を提供するため、大阪モード学園の新4年生へ授業カリキュラムの1つとしてリメイク企画を初始動。学生たちの手で生み出した1点モノの新たな商品をSMASELL(スマセル)で販売。



■本文

株式会社ウィファブリックが運営するサスティナブルアウトレットモール「SMASELL(スマセル)」は、大阪モード学園・株式会社アダストリアと産学連携を行い、新学年にて初めての取り組みとなるリメイク企画をスタート。大阪モード学園のファッションデザイン学科 高度専門士コース、ファッションデザイン学科、ファッション技術学科の学生たちによるリメイクで一点モノとして新たな服が誕生いたします。

新たなデザインへと生まれ変わる衣類は株式会社アダストリアに提供いただいたサンプル品を用い、縫製は元大手アパレルメーカーへ勤めていた教師が監修を行い、販売品質の縫製へ仕上がりました。

9月8日(水)よりサスティナブルアウトレットモールSMASELL(スマセル)にて計30点を販売予定です。


本企画はファッション業界の将来を担う学生にリアルな社会体験が出来る場を提供するため始動。

廃棄の無い循環型社会を目指す我々の事業や業界課題、その背景についてウィファブリックの代表 福屋が講義を行い、それらを踏まえた上でリメイクに取り組んでいただきました。

また、このプロジェクトに賛同を示した株式会社アダストリアはサステナビリティの活動ビジョンのひとつに「ファッションロスのない世界」を掲げており、衣料品の焼却廃棄を無くすためのサスティナブルな活動の一つとして参画。


この3者による産学連携のプロジェクトから様々な知見を通して、将来のファッション業界を担う学生に多角的な視野を持ってもらいたいと考えています。



【専門学校 大阪モード学園】

大阪駅前、徒歩3分。大阪モード学園はファッションからインテリア、グラフィック、美容業界まで、ひとり1人の個性を見つけ伸ばし、即戦力となるプロを育成する専門学校です。学生の希望する業界のプロへと導く業界直結のカリキュラムで、14年連続※希望者就職率100%を達成。「就職」と「美容師の国家資格」を保証する2大保証制度『完全就職保証制度』『国家資格 合格保証制度』は自信の証明です。(※2007年度以降の実績です。)

【株式会社アダストリア】

株式会社アダストリア(代表取締役 会長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。「Play fashion!」をミッションに掲げ、ファッションを通じてお客さま一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢をご提案しています。

【SMASELL(スマセル)について】

SMASELL(スマセル)はアパレルメーカーがデッドストックを中心としたアウトレット商品(キャリー品・サンプル品・B品含む)を出品し、それらをユーザーが購入できるオンラインマッチングプラットフォームです。

服の売買におけるCO2削減量をプラットフォーム上で可視化するなど、作り手・売り手・買い手の業界全体を巻き込み、廃棄のない循環型社会を目指しています。

SMASELL(スマセル)サイト:https://www.smasell.jp/?cp=press

【会社概要】

社名:株式会社ウィファブリック

代表:福屋 剛(ふくや つよし)

本社所在地:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目14-24 タツト靭公園ビル7階

東京オフィス:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目16-6 二葉ビル3F

設立年: 2015年3月

事業内容:アパレルのオンラインマッチングプラットフォーム運営事業

コーポレートサイト:https://www.wefabrik.jp/


<本件に関するお問い合わせ> 広報担当者:藤本 TEL:06-6459-7420 E-mail:press@wefabrik.jp

新着記事
カテゴリー
アーカイブ