【プレスリリース】アパレル廃棄の社会課題に挑む、アパレル在庫卸売・仕入れサイトのスマセルが登録者数7,000名越え。

2020/02/07

株式会社ウィファブリック(本社:大阪府大阪市西区、代表:福屋)は、アパレル在庫の卸売・仕入れサイトスマセルにて、登録者数7,000名を突破しました。
スマセル(2017年7月リリース)はアパレルの見切り在庫やB品等の完売に困っているサプライヤーが出品し、必要とする人へ届けるオンラインマッチングプラットフォームで、我々が目指す「廃棄のない循環型社会の創造」を目指して取り組んでいます。

 

 

 

 

スマセルは、サプライヤー数約900社、バイヤー数約6,100名の計7,000名以上が登録しています。

アパレルの廃棄は世界で年間約220億枚(※自社調べ)、その内の約半数が一度も着用されずに捨てられていると言われています。

サプライヤーは見切り在庫やB品等を完売させる販路に困っており、またバイヤーはアパレルの仕入れ先を探し求めています。これらのニーズをマッチさせることで、アパレル廃棄の課題解決を目指しています。

 

 

小売店、CtoCフリマアプリやオークションサイト、ECサイトを運営の事業者様を中心に利用いただいており、1点ずつのセレクト商材やワゴンセールにぴったりの激安アソート商材、特殊ルート仕入れによる古着など、バイヤーの用途に合わせた調達が可能です。会員登録が完了すると卸価格が表示され、サプライヤーから商品を仕入れることができます。

また、ご希望の商材がない場合はニーズ掲示板にニーズを投稿し、サプライヤーからの提案を待つことが可能です。

 

 

 

 

バイヤーの中には副業やお小遣い稼ぎでフリマへ出品するための仕入れを行っている主婦の方などもおり、「主婦でも仕入先として1点から購入できるので使いやすい」「1点あたりの仕入れ値を抑え、且つ掛け払いでの購入も可能なので仕入れやすい。」といった声をいただいております。

また、個人事業主様などからは「大手企業との口座開設は難しいため、普段取引ができないような製品もプラットフォームを通して仕入れることができるので使いやすい。」といった声をいただき、事業者だけでなく個人に近い方も利用できる場として運営しています。

 

 

今後はアパレル業界の課題となっている環境問題なども考慮した機能拡充や、出品内容の更なる展開を進めており、引き続きSMASELLは「ファッションをもっと楽しく持続可能なものに」という理念を元に、世界一ファッション業界の在庫を資源として循環させ、つくり手と買い手の想いを紡ぐ場を提供してまいります。

 

 

 

 

 

【会社概要】

社名:株式会社ウィファブリック

代表:福屋 剛(ふくや つよし)

本社所在地:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目14-24 タツト靭公園ビル7階

URL:https://www.wefabrik.jp/

設立年: 2015年3月

資本金: 1億円

従業員数:11人

事業内容:アパレル在庫卸売・仕入れサイトのオンラインマッチングプラットフォーム運営事業

 

<本件に関するお問い合わせ>

広報担当者:福屋・藤本

TEL:06-6459-7420 FAX:06-7632-2054 E-mail:press@wefabrik.jp

 

 

 

 

Please reload

新着記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload